ケイテック 林圭一氏、逝去…


ケイテックの社長、林圭一氏が27日、死去されました。

56歳…あまりにも早く、突然の訃報にびっくりです…。

個人的に大好きなバスプロの一人でした…。

2000年、お店をオープンするにあたって、無理やり多くのメーカーさんを訪問、挨拶にまわりました。

ケイテックにも2000年5月に訪問、挨拶に行きました。

まだお店もオープンしておらず、取引実績ゼロだったにも関わらず、林社長、自らお話しをしてくださいました。

当時の主力商品だったラバージグ、内職の方に自らラバーの巻き方等を指導して、自らも検品をして高品質な商品を作っていました。

また、出来上がったラバージグのパッケージ前の商品は、一つ一つ小分けされたトレーに収められていたのが印象的でした。

千葉、東京から大阪、京都までバス用品を扱うメーカーさん10数社にお伺いしましたが、一番、丁寧にお話をしてくださった方の一人でした…。

富士山が綺麗に見える場所にオフィスを構え、「メーカーを失敗したら、レストランにでもするよ!」って笑ってました。

(あれから、16年…今では、日本だけじゃなく、世界中に多くのファンがいる凄いメーカーになってます!)

バスプロ(すごく丁寧で綺麗な釣りをするプロ)としてもファンだったので、最後に一緒に写真をお願いしたのも、林圭一氏だけでした。

あの綺麗なピッチングやフリッピングを思い出します…。

昔、雑誌の中で、林氏のタックルボックスが公開された時、あまりにも綺麗にワームが並んであり、釣り仲間と「さすが林圭一!」なんて話もしたことがあります。

日本のバスフィッシングに多大な貢献、足跡を残されました。

心よりご冥福をお祈りいたします。

本当にありがとうございました。